BUILDING タイセイの家造り

快適性

無垢材は断熱効果が高い

「木の家」はコンクリートの家に比べて、断熱効果が低いと思っていませんか? 実は、木(杉)の断熱効果は、コンクリートの約12倍、さらに、鉄の約483倍といわれています。 鉄やコンクリートは熱伝導率が高いため、熱がすぐに伝わってしまうのです。

遮熱にこだわります

住宅の中の伝導・対流・放射(輻射)の3つの熱の伝わり方の比率は伝導が20%、対流が5%、放射(輻射)が75%と言われています。 断熱材は性能によりコストがかなり違います。しかし断熱材が主に抑えるのは伝導熱です。それは全ての熱の20%にすぎません。一番効果的なのは75%を占める放射熱を抑えることです。高い断熱材を選ぶよりも、遮熱材を入れることによりコストを抑えながら、効率的な断熱効果を実現できます。

新しい設備にも柔軟に対応

タイセイでは「火」を使わないオール電化をお勧めしています。 オール電化を導入することで光熱費を抑えることはもちろん、 調理・給湯・暖房などで、燃焼ガスを出さないことで、住環境をより良くできます